Suprint for Biz ユーザー事例

印刷発注システム「スプリント for Biz」を導入いただいたお客様をご紹介します。


各営業拠点の宣材印刷物発注窓口を「スプリント for Biz」に集約。
内勤作業の効率化で営業活動に使う時間を増やすことができた!

株式会社クリニコ
https://www.clinico.co.jp/

業種
食品
業種詳細
栄養補助食品および流動食等の製造販売
所在地
東京都目黒区目黒4-4-22
メイン

株式会社クリニコでは、それまで全国36カ所の営業拠点それぞれで、独自のキャンペーンパンフレットなどの印刷物をバラバラに発注していました。このため、全体における当該業務の非効率さやコスト高、本社における請求・経費集計処理業務の負荷が課題に。「スプリント for Biz」の導入で発注ルートを一本化し、課題の解決に繋げています。

印刷発注の課題と導入による効果

課題:
各営業拠点がバラバラに印刷物を発注していたほか、随所にムダも。
効果:
印刷物発注窓口の一本化により、各営業拠点の当該業務を省力化でき営業活動の時間が増やせる

各営業拠点がバラバラに印刷物を発注していたほか、随所にムダも。

「当社は、各拠点や部署の主体性を尊重する風土があります」と説明を始めたコーポレート・コミュニケーション部の深貝氏。したがって、全国36カ所に展開している支店や営業所では、それぞれが独自に営業キャンペーンなどの施策を企画し、パンフレットや説明資料といった印刷物を作成していました。若手の営業担当者が中心となってPCソフトを用いて作成し、各拠点に設置されたプリンターで出力したり、Web印刷に発注していたのです。
「プリンターに要するコストが大変高額となるに加え、またWeb印刷の発注先は全国で10社ほどに広がっていました。このため、月末の請求処理業務がバラバラに本社の経理部門に集中するとともに、その経費を各拠点に振り分けて計上処理する業務に大きな負荷がかかってしまっていたのです」と深貝氏は打ち明けます。
また、施策を卸先とタイアップする場合、同一施策でタイアップ先だけ変更するケースにおいて、都度ロゴなどの差し替えをデザイン会社に依頼する非効率さが顕在化。加えて、「以前から商品の変更によりパンフレットなどの在庫を破棄するムダも問題視されていました」と言います。

続きをお読みいただけます。
フォームに必要事項を記入して資料をダウンロードください。
※同業者の方はご遠慮ください。