Suprint for Biz ユーザー事例

印刷発注システム「スプリント for Biz」を導入いただいたお客様をご紹介します。


DMなど多数の印刷物データの一元管理と印刷発注日の集約で大幅な効率化とコスト削減へ

株式会社リフレ
http://hc-refre.jp/

業種
通信販売
業種詳細
サプリメント、健康食品、化粧品の通信販売
所在地
埼玉県上尾市仲町1-7-28

健康食品・サプリメントの通販会社である株式会社リフレでは、新規顧客をリピーターに育成すべく、商品理解促進のための冊子やダイレクトメール(DM)を送付しています。これら印刷物のデータ管理や印刷発注が"場当たり的"で非効率であったところに、「スプリント for Biz」を導入。一連の業務の大幅な効率化と、コスト削減を実現させました。

印刷発注の課題と導入による効果

課題:
リピーター育成のために多数の印刷物を活用
印刷発注時に最新データの特定に負荷がかかっている
効果:
システム導入と印刷発注日の集約で業務効率化とコスト削減を実現

負荷のかかる印刷物の追加発注が頻繁に

株式会社リフレでは、新規顧客に30ページ前後の「商品読本」を同梱し、商品への理解を促進しているほか、購入後の一定の期日ごとにDMを送付し、再度の購入を働きかけています。これらの施策は、獲得した顧客をリピーターに育成する、同社にとって最重要のマーケティング。こうした印刷物は30~40種類に及び、同社の商品企画部が制作し、印刷物統括部署によって一括配送手配されています。在庫が少なくなると、印刷物統括部署は商品企画部に増刷を依頼し、商品企画部がugoに発注するというフローになっていました。

これら印刷物には、こまめに修正が加わります。商品企画部のメンバーがデータを修正していましたが、一つの印刷物を複数のメンバーが修正することがあり、データが一元管理されていなかったのです。さらに、一商品に複数の印刷物が存在していたため、印刷物統括部署から増刷要請が入る場合、印刷物を特定するのに手間を要していました。

「このため、印刷物を特定し最新データを探し出す負荷がかかる上、誤って古いデータに"先祖返り"してしまうリスクがありました。そのリスクをヘッジするため、追加発注の際にugoさんの営業担当者と細かく確認していました。また、そうした発注が頻繁にあったので、相当非効率的な状況にあったと思います」と商品企画部参事補の小暮学氏は打ち明けます。

続きをお読みいただけます。
フォームに必要事項を記入して資料をダウンロードください。