Suprint for Biz ユーザー事例

印刷発注システム「スプリント for Biz」を導入いただいたお客様をご紹介します。


最重要ツールの発注管理業務が、多種類・多店舗で煩雑化し欠品も。
本サービス導入で問題が一気に解消!

株式会社エー・ピーカンパニー
http://www.apcompany.jp/

業種
飲食業
業種詳細
飲食店および牧場の経営
所在地
東京都港区芝大門2-10-12
KDX芝大門ビル9F
外観

食材にこだわり抜く居酒屋チェーンの「塚田農場」などを運営する株式会社エー・ピーカンパニーは、2012年3月当時、複数業態の約60店舗。(2016年10月現在約180店舗)で利用する販促アイテムの発注システムとして「スプリント for Biz」を導入。煩雑を極めた発注管理業務を劇的に効率化させるとともに、コスト削減を実現させました。

印刷発注の課題と導入による効果

課題:
複数種に渡る販促物が最重要のリピーター獲得手段として存在
店舗数が増えるとともに発注管理が煩雑化し"在庫切れ"が常態化
効果:
システム導入で発注管理の手間と不適正な発注によるムダを一掃

最重要の販促ツールの管理が大変で"在庫切れ"に

「塚田農場」では、2009年から販促ツールとして印刷物の販促物を導入しています。この販促物にはいろいろな工夫が凝らされており、種類も多数。

「デジタル全盛の世の中で、あえてアナログの紙のツールにこだわっています。紙ならば、店舗でスタッフが絵を描き足したりシールを貼ったりと工夫も加えられ、お客様とのコミュニケーションを盛り上げるのに最適だからです」とマーケティング本部販売促進チームの佐藤加奈子氏は説明します。

「塚田農場」の人気の的は、自社農場や契約農家、漁師との提携などにより、産地から直送される素材にこだわったメニューの数々。「このツールは、そうした料理の数々とともに大きな集客力を発揮する、最重要のリピーター獲得手段に位置付けられています」とEC事業部部長の石川悟氏は補足します。

しかし、複数のブランドで店舗数が50店舗を超える頃から、販促物の発注管理が大変になっていきました。

「それほど重要なツールであるにも関わらず、店から本部に発注しても対応が追い付かず、在庫切れとなってしまうことが常態化しはじめたのです」と石川氏は打ち明けます。

続きをお読みいただけます。
フォームに必要事項を記入して資料をダウンロードください。